FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/11/24
社会(食の六教科教室)
お寿司を食べる順番

sushi_caunter1

お寿司屋さんのカウンターで、
こはだや玉子を最初に注文すると

“通”だ!という話を聞いたことがありますが
(そのお店の実力がわかる品だから、とのこと。)
回らないお寿司屋さん慣れしていない私は、
おまかせでお願いしてしまいます。(笑)

とはいえ、味覚を意識してみると、
食べる順番がおいしさを左右するのでは?
と、ふと思いました。

例えば、私がいろんな種類のお茶を
テイスティングする時は、

やさしい味わい(または香り)の
ものから順に味を確認します。

人の味覚はとても敏感なため、
先に味の濃いお茶を口にしてしまうと、

その味が口に残ってしまい、
後に飲むお茶の味が
わかりづらくなって
しまうからです。

そのようなことも踏まえて考えると、
お寿司の場合、

淡白な食材(白身魚、イカ、タコ、貝類等)

脂身の濃い食材(マグロ

ガリ、又はお茶で、一旦リセット

光りものの魚

ウニや穴子などのしっかり味のもの

巻き寿司

このような順番でいただくと、
それぞれの食材のおいしさを

堪能することができそうです。

実際に“おまかせ”でお願いした場合、
淡白なネタから順にお出しする
職人さんが多いようです。

ただ、お店によって味の違いもあるので、
私の場合、

玉子の味が思ったより甘かったりすると、
その後には
さっぱりとした
こはだ等を食べたくなります。

甘いたれの穴子の後には、
塩気のある納豆を食べるのが好きです。

(お寿司屋さんの納豆巻きは、
市販の納豆より甘味が少なく、

きりりとした塩味のものが多いので。)

てまり寿司

こんな風に、
自分なりのおいしい順番が見つかると、

お寿司の食べ方も
楽しくなるかもしれませんね。


ASAMI