FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/5
体の健康(おいしい話。)
心のゴミ拾い

健康のために時々会社まで歩いています。
約20分ほどです。
時間は朝の6時くらい。
そんな道のりにはそれなりのゴミが。
どうせ歩くのならとゴミ拾い。
そう思って歩くとけっこうなゴミの量に気づきます。

そのうちの八割がタバコの吸い殻。
嫌煙家の自分としては腹がたってきました。
だからタバコを吸う人は嫌いだ!……とか
ゴミを平気で捨てる人って何なんだ……とか
折角の気持ちのいい朝が台無しです。
でも、それは自分が招いていたことでした。

ある日、よーし今日もゴミを拾うぞ!
と意気込んでご出勤。
ところがゴミがひとつも落ちてないんです。
そんなことあるもんか!
と思ってみても無いんです。

気がついたんです。
ゴミを拾うためには、
捨ててくれる人がいないと拾えない。

ゴミを拾いながら歩いていると、
ご苦労さま!!とか言って
ほめてくれる人がいるんです。
いい気になって、自分は良いことしてるんだ!
みたいな思い上がりがありました。

自分が良いことしたいと思ったら
そうでない人がいてくれないとできない。
そう思ったら、ゴミにも捨てる人にも
腹がたたなくなりました。

ゴミさん、ありがとう!
捨ててくれた人、ありがとう!
これは、極端かな?

でも、体の健康のための早朝徒歩通勤が
実は、心の健康につながりました。

最近では
夜のコンビニの時給の方が高かったりして
早起きは三文の徳(得)とは言い切れませんが、
やっぱり早朝が好きです。


(SEIJI)