FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/9
社会(食の六教科教室)
お化けも頼る?

もういくつ寝るとお正月♪
お節料理を家族で囲んで団らんを
楽しみにしている方もいるのでは。

ところで昔からお正月などのお祝いの膳では、
柳の箸が使われたのをご存知ですか?

「柳ってお化けが出る木じゃないの?」
と思うかもしれませんが、
もともと柳の木は春一番に芽を出すことから
「家内喜」とも書かれるおめでたい木。

そして水辺に生えることから
水で清められた神聖な木とも言われています。

お化けが柳の木の下に佇むのも、
柳の神力で浮かばれようとしているから、という説も。

この神聖な柳の箸を
お正月の雑煮箸として使うことで、
家内安全を願うようになりました。

「両口箸」「俵箸」とも呼ばれるのは、
両方の先端が丸くなっているから。

これは、一方を神様が、もう一方を人が使って
お供えしたものを神様と一緒にいただく
「神人共食」をするためです。

皆さんもお正月には
柳箸を使って縁起をかついでみてはいかが。

来年は戌年。
我が社にも年男・年女がいます。
来年も皆さんにとって良い年になりますように!


MIKI