FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/10
塩(超魅了!)
海塩と岩塩の違い

solt

最近、ふと足を運んだ
スーパーの塩コーナーで、
扱っているお塩の種類が
とても多いことに驚きました。

あまりの種類の多さに、
どんな違いがあるの?
どう使い分けたらいいの?
意外と知らない塩のあれこれを
楽しみながらこのコーナーで
ご紹介していきたいと思います。

今回は、
“海塩”と“岩塩”の違いについて
わかりやすくお伝えします。

まずは製法、産地、特徴の違い
【海塩】
海水を煮詰めて水分を蒸発させたもの。
国産のお塩は、ほぼ海塩です。
ミネラル分が豊富に含まれているので
やわらかな塩味と旨味が特徴です。

【岩塩】
大昔に海だった場所が地殻変動などで
そのまま塩の地層(岩)になり、
そこから採掘されたもの。
モンゴル、南米のボリビア、ヒマラヤ等が
有名な産地です。
地層として長い時間が経過しているため、
ナトリウムの純度が高く、塩気が強いです。
海塩のようなミネラル分は少ないですが、
産地によって鉄分や硫黄が含まれています。

おおまかな使い分けとしては、
素材の味わいを引き立てたいときは
旨味も含まれている海塩を、
こってりとした味わいの料理や、
お肉にしっかりと塩味をきかせたい時は
岩塩をおすすめします。


ASAMI