FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/15
体育(食育の六教科)
食べて脂肪を燃やせ!

高校生の時、「痩せよう」と決心し
1週間で5kg痩せたことがあります。

なぜ思い立ったかというと、
意中の男子のハートをゲットしたかったからです。
(浮ついた動機)

主に昼はリンゴ1個と牛乳のみ。
夜と朝はそれ+みそ汁…という
プチ断食みたいな食事を1週間続けました。

努力が実って彼氏はできましたが、
その後体調を崩した覚えがあります。

知識もお金も経験もない若い頃は、私のように
「食べなきゃ痩せる」という無謀なダイエットを
してしまいがちではないでしょうか。

でも決してそれが正しいとは思わないですよね。

理想的なのは、食べながら
新陳代謝を上げて体脂肪を燃やすこと。
生活の中で脂肪が適切に燃焼すれば、
肥満になることはありません。

私たちの体は、基礎代謝の2割を筋肉が、
3割を肝臓が占めているそうです。
つまりこれらが元気に機能していれば、
体脂肪は燃焼されるのです。

そして、筋肉や臓器を作るのに必要なのが
たんぱく質などの栄養素。

私のように食べないダイエットをすると、
確かに一時体脂肪は減りますが、
同時に筋肉も落ちてしまいます。

そして、以前の食生活を変えないまま
ダイエットをやめてまた体重が増えると、
体脂肪は元に戻っても、
一度落ちた筋肉はなかなか戻らないのだとか。

筋肉が痩せた分、体は細くは見えるけど、
体脂肪は標準以上という、
いわゆる隠れ肥満になってしまうんですね。

体脂肪を燃やすのに必要なたんぱく質は、
肉、魚、卵、大豆、乳製品に多く含まれます。

肉を目の敵にして、お豆腐やヨーグルトだけで
たんぱく質を摂ろうとする人がいますが、
これだと他にも代謝に必要な
ビタミン、ミネラルが不足してしまうのだとか。

理想的なのは、ビタミン、ミネラルも豊富な
動物性たんぱく質をしっかり摂ること。
そして、摂りすぎると贅肉になる
糖類をなるべく控えることだそうです。

あの頃の自分に教えてあげたい。

 


MIKI