FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/19
塩(超魅了!)
牛肉を8種の塩で食べ比べ!

塩の違いで
お肉の味わいは変わるのか?

先日ご紹介した“水塩”
8種類のお塩で作って、
牛肉を食べ比べしてみました!
(今回使用したお塩は、
岩塩7種+海塩1種です。)

お肉を焼く20分ほど前に
スプレーボトルに入れた水塩を
お肉にまんべんなくシュシュっとかけ、
フッ素加工のフライパンを使い
油を引かずに中火で焼きました。

8種の塩,フートコ,ふーとこ

まずは何もつけずに牛肉を焼き、
食べる直前にお塩を振って食べてみます。

そして、水塩をスプレーしたお肉を
順番に焼いて食べ比べます。

 

!!!

 

明らかに、水塩をスプレーした方が、
牛肉のしっとりさ、やわらかさを
感じられます。
塩分も全体に絡んでいるので
味がまばらにならず、おいしいです。

そして驚いたのが、お塩の種類によって
牛肉の旨味、香り、風味に違いが出ました。
正直、
こんなに差が出るとは思っていませんでした。

以下、お塩ごとの味わいの違いです。
(牛肉の食感は、水塩を使用したもの全て、
しっとりとやわらかかったです。)

《オレンジソルト・岩塩》
塩気はほど良いが、
旨味が少なく、あっさりした味わい。

《レッドソルト・岩塩》
塩気はやや弱めだが、
肉の旨味を感じる。

《ブラウンソルト・岩塩》
塩気がほど良く、
肉の旨味をしっかり感じられる。

《ブラックソルト・岩塩》
レッドとオレンジの間くらいの味わい。

《ホワイトソルト・岩塩》
やさしい塩気で、
牛肉のくせや香りがやわらぎ、
風合いがやわらかくなる。

《グレーソルト・岩塩》
塩気はちょうど良いが、
旨味は控えめであっさりした味わい。

《ブルーソルト・岩塩》
塩気は少なめだが、
味わいが上品になる。
牛肉特有のくせが抜け、
味わいに深みが増す。

《あらしお・海塩》
控えめな塩気。
とてもやさしい旨味と、
やわらかな風味。和食向き。

《塩麴》おまけ
塩麴の味わいが牛肉とは合わないが、
お肉はやわらかくなる。

今回、ダントツで驚いたのが、
ブルーソルトを使った味わい。
牛肉に高級感が生まれました!

ただし、牛肉特有の風味が好きな方は
その風味が和らいでしまうので、
ブラウンソルトやレッドソルトが
おすすめです。
(ステーキハウス等でヒマラヤの
赤い岩塩が出てくる理由がうなずけます。)

和食の世界では、魚の臭み消しなどに
お塩を上手に使いますが、
お肉にも応用できることがよくわかりました。

素材の風味を生かすもやわらげるも、
お塩の使い方ひとつで変えられるのですね。


ASAMI