FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2018/1/20
匠の緑茶Story
玉露のこと

覆い下茶園

日常生活ではあまり馴染みのない“玉露”。
高級なお茶、というイメージはあるかもしれませんが、
実際の味わいはどのようなものでしょう?

玉露は、一般的に飲まれている煎茶よりも、
渋みを抑え、旨味を引き出す栽培方法のため、
濃厚な甘旨味と、海苔のような独特の香りが特徴です。

しっかりとした旨味のため、人によっては
「お茶とは別物みたい。」
「だしを飲んでいるみたい。」
そうおっしゃる方もいます。

玉露特有の濃厚な旨味を引き出すためには、
お茶を摘む2~3週間前から
写真のようにお茶畑に覆いをかけます。

日光を浴びることで、お茶の旨味が
渋味、苦味に変わることを抑えるのです。

しかし、この栽培方法では
お茶の樹に負担がかかるため、
お茶を摘んだら来年まで休ませてあげます。
(煎茶の場合、年に2~4回摘みます。)

煎茶よりも収穫量が少ないため、
玉露は高級なお茶なのです。

玉露はその旨味を引き出すために
ぬるめのお湯で淹れられることが多いのですが、
あえて水出しにすることで、
玉露やお茶そのものに慣れていない方にも
とても飲みやすく上品な味わいになります。

玉露は、お茶の渋味が苦手な方、
旨味がお好きな方におすすめです。


ASAMI