FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2018/4/3
匠の緑茶Story
全国のお茶が集まる静岡茶市場

chaichiba

静岡は、お茶の生産量が日本一、ということだけでなく
日本中のお茶が集まり取引される、集散地でもあります。

そんな集散地としての様子をみられるのが、静岡茶市場。
毎年、3月下旬に届く種子島の新茶を皮切りに、
全国のお茶の取引がされます。

chaichiba
上の写真は、お茶の取引が行われる茶市場の1階。
(閑散期に写したので、伽藍堂です。)
取引期間中は、生産者、茶市場職員、茶問屋で賑わい、
あちこちで取引成立の手拍子が鳴り響きます。

今年の静岡茶市場の初取引は4月18日(水)。
この日から、静岡茶の取引も始まります。
初取引の日は、一般の方も見学可能です。
茶業界関係者がたくさん集まり、
午前7時のベルの合図で始まる取引の様子は
興味深く面白いですよ。
(生産者と茶市場職員と茶問屋で、相対で行われる
お茶の取引は、静岡独自の取引方法です。)


ASAMI