FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2018/6/15
グルメ緑茶Story
ハーブ緑茶でアロマを楽しむ

茶香炉

梅雨に入り、湿度の高い日が続きますね。
エアコンで温度や湿度を調節しても、
なかなか拭いきれない梅雨特有の憂鬱感…
そんな時は、お茶の葉のアロマがおすすめです。

お茶の葉を乗せた小皿を下から熱し、
立ち昇る甘香ばしい香りを楽しむ、茶香炉。
お茶には強い消臭効果があるので、
気になる匂いを消しつつ、とても良い香りが広がります。

使う茶葉は、古くなったお茶で十分。
ほうじ茶や釜炒り茶、抹茶、粉末茶以外であれば、
日本茶なら大丈夫です。
その中でも棒茶(茎茶)が一番、甘香ばしい香りが
立ちやすいです。

深蒸し茶などの細かいお茶は焦げやすいですが、
香りが立つのが早く、しっかりとした香ばしさを
感じられるので、癒しというより消臭向きかも…。
(紅茶や中国茶はあまり香りが立ちませんでした。)

ハーブをご自宅で育てている方は、
お茶の葉にハーブを混ぜて焚いてみると、
また違った香りを楽しめます。

100均等のアロマポットでも代用できますか?
という質問を時々受けますが、大丈夫です。
ただし、すぐ焦げ臭くなるようでしたら、
ロウソクの炎が強いか、ロウソクの距離が近いかの
どちらかなので、その場合は火を消した状態で
ロウソクの芯をほんの少し切って、炎の大きさを
調節してみてください。

ついつい気分がふさぎ込みやすい梅雨時期、
お茶を飲むだけでなく、香りのリラックスも
試してみてくださいね。


ASAMI