FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

やめられないおいしさにご用心

fotoco,フートコ,味覚育学校,ダイエットの味覚

食べ過ぎはよくないと分かっているのに、つい食べたくなる
甘いお菓子やスナック、揚げ物などの高カロリー食品。
それもそのはず、これらに含まれている糖分や脂質は
「やみつき食材」と言われるもの。

糖分や脂質は私たちが活動するのに欠かせないエネルギー源。
食べるとβエンドルフィンという脳内ホルモンが分泌され、
幸せな気分になるようにできているのです。

でも食糧難の時代ならともかく、
栄養が足りている食生活をしている今、
消費量以上に摂り過ぎると肥満の原因に。

また、味覚は刺激に慣れやすいため、
いつも濃い味の食べ物を食べていると味を感じる機能が鈍り、
もっと強い味を求めるようになってしまうのだとか。
そうなると、やがては味覚障害になる危険性もあります。

もし、自分がやみつき食材を好んでいる傾向があると感じたら、
健康やダイエットのために、
一度味覚をリセットしてみてはいかがでしょう?
素材の味を感じられるようになれば
おいしさの幅も広がると思います。

❶味の濃い調味料を控える
ケチャップ、マヨネーズ、ソース、ドレッシングなどの
味が濃い市販の調味料は、食材が本来持っている味を
消してしまうマスキング食品と言われます。
これを常用すると濃い味に慣れ、味覚の幅が狭まる危険性が。
また脂肪、糖質が多いのでカロリー過多にもなりがちです。
使うなら少量にする、ケチャップの代わりにトマト缶を使う、
ハーブやスパイス、レモンなどの酸味を使って
味の奥行きを出すなど工夫してみましょう。

❷調味料ではなく「だし」を使う
実はかつおだしも「やみつき食品」のひとつ。
でもこちらは、やさしい旨味と香りで
素材の味を引き出したおいしさをすり込むもの。
しかも高タンパク、低脂肪で理想的な食材と言えます。
調味料の代わりにだしを上手に使えば塩分が削減でき、
旨味成分で脳が満足するので
甘いものを食べたい欲求も抑えられます。

❸白砂糖より黒砂糖
料理などで甘味が必要な場合は、精製された白砂糖より
ビタミンやミネラル分の多い黒砂糖、はちみつ、甜菜糖など、
吸収に時間がかかったり血糖値が上がりにくいものを。
また、運動すると、甘味への感度が良くなり、
甘味の少ないものでも甘く感じるようになるそうです。
体が欲するから敏感になるんですね。
甘いものを食べる前は
ちょっと運動してみるのもいいかもしれません。

❹水出しハーブ緑茶で味覚力を高める
お酒を飲まない人はもちろん、普段食事中にお酒を飲む人も、
たまには休肝日を兼ねてお酒の代わりに
水出しハーブ緑茶をどうぞ。
アルコールは度合いの高いものほど高カロリー、
しかもお酒を飲むと際限なくおつまみを食べる
過食スパイラルに陥りがちです。
水出しハーブ緑茶は低カロリーで料理の味を邪魔せず引き立て、
しかもお茶の微妙な味わいが味覚を高めてくれます。
水出しハーブ緑茶のレシピはこちら。

FOTOCO Recipe ちゃらいふ