FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

自分の香りを作曲するチョコレート

fotoco,フートコ,味覚,mikaku,galler,kaori

バレンタインのちょっと前、NHK BSで
「女王たちのチョコレート ヨーロッパ王室御用達紀行」
という番組をやっていました。
スペイン、モナコ、ベルギー、イギリスを巡り、
王室に愛されたチョコレートとその物語を紹介する内容です。

どれもステキにおいしそうだったのですが、
中でも私の目を釘付けにしたのが、案内役の高島礼子さんが
移動中に列車の中で食べていたチョコレート。
箱の中に細長いスティック状のチョコと3種類の小瓶がセットされ、
小瓶のディップをつけて食べるのだそう。
高島さんは柚風味のチョコスティックに柑橘系のソースをつけ、
「とても合う!」と驚かれていました。

「ヨーロッパのチョコレートなのに柚?ディップして食べる??」
衝撃でした。この時はどこの何というチョコか明かされないまま
シーンが変わってしまったのですが、調べて見つけました。
これはベルギーを代表する王室御用達ブランドGallerの
その名も「香 KAORI」というチョコレート。

パッケージに美しい草書体で「香」と書かれています。
このチョコレートは筆をイメージして作られたこと、
パッケージの「香」という文字は日本人の女性書道家が書いたこと
などが分かりました。

さっそく購入しようと探しましたが、どうやら日本未発売。
Gallerの日本のサイトへお取り寄せを問合わせたところ、この商品は
まだ輸入の手続きが整っていないためできないとの答え。
ならば本国へ聞いてみようとGaller本店に問い合わせましたが、
やはり日本へは送れないというのです。

使用している香料の関係で日本では販売できないらしい
と言っている人がいて、それなら正規で手に入れるのは無理というもの。
でもここまできたら、諦める私ではありません。
よく来日するイギリス人の友人に「今度会う時に買ってきて」と
お願いし、苦節約1カ月、割とすぐ手に入りました笑。

箱の中には、6種類のスティックチョコレート
(バニラ&ココナッツ、サフラン、バルサミコ&ストロベリー、
カルダモン、ゆず、ジンジャー)。
そしてディップ用のポット3種(カラマンシーのソース、
抹茶とポピーシードパウダー、粗挽きココアとオレンジのパウダー)。

説明書きに「口の中は何も描かれていない紙。そこへブラシをつけて、
あなただけの香りをcomposeしてください」とあります。
「香りを作曲してください」とは
何というアーティスティックなお菓子でしょう。

さっそく食べてみると、
ビターなチョコレートの中にスパイシーで香り高いガナッシュが。
それをディップにつけると、カラマンシーは強い酸味と甘味、抹茶は
ほろ苦く、ココア&オレンジは強いオレンジの香りとほのかな苦甘味。
複雑なフレーバーが広がり、どれも香りの上級者向けという感じで、
日本のスイーツとはまったく違う味わいでした。

Gallerの創業者ジャン・ガレーさんは、21才の若さで創業し、
異例のスピードでベルギー王室御用達として認定されたショコラティエ。
フローラル系、海藻、岩塩、スパイス、ペッパー、唐辛子など
さまざまな素材とチョコレートをいち早く組み合わせた人でもあり、
ベルギーチョコレートの伝統を守りながら、
常に味も見た目も革新的なチョコレートを創り出している方だそうです。

そんな方が、チョコレートへの愛情と情熱を持って柚や抹茶を使うと
こうなるんだ!という新しい体験をさせてもらいました。
まだまだ世界は知らないことだらけ。
見聞の幅を広げていきたいと思います。

fotoco,フートコ,味覚,mikaku,galler,kaori
全部の組み合わせをじっくり味わいました

好きなのに食べられない?!味と記憶の関係

生牡蠣

私は小さい頃、独特の風味とほのかな苦味が苦手で、
牡蠣が食べられませんでした。

しかし、高校生の頃くらいから、何故か美味しいと感じ始め、
大人になってから大好きになりました。

ところがある日、
少し体調が悪かった時に生牡蠣をいただいたせいか、
食後、気持ちが悪くなってしまったのです。

それ以来、頭では「食べたい!」と思っても、
いざ食べようとすると、体調を崩したことを思い出し、
胃が拒否反応を起こすようになってしまいました。

生牡蠣に関しては、
食べられない → 食べられるようになった! → 食べられなくなった
という、面白い体験をさせてもらえました。(笑)

このように、味や食べ物の好き嫌いは、年齢を重ねることで
変化をしていきます。
子供の味覚は大人よりも敏感で、特に、苦味、酸味、渋味、辛味に
敏感に反応します。
これらの味わいは、本能的に危険を感じさせる味わいでもあるので、
「これは食べても安全なんだ。」という経験を積むことによって
克服できる可能性があるのです。

ですから、子供の好き嫌いに困ったとしても、
気長に待つことも大事かもしれません。

私の両親は嫌いなものを食べることを無理強いせず、
味経験を重ねさせるため、一口だけ頑張って食べてみよう!という
育て方をしてくれました。
おかげで、苦手な食べ物があっても、その都度、
「ひょっとしたら食べられるかも。少しだけ、食べてみよう。」
という前向きさを持つことができ、結果的に苦手なものがほとんど
食べられるようになり、とても感謝しています。

ただし、前述の牡蠣に関しては、”体調を崩す”という経験を
挟んでしまったがために、味ではなく、過去の記憶が原因で
食べられなくなってしまいました。

このように、味の記憶がマイナスの記憶に結び付くと、
それを克服するのは至難の業になってしまいます。

そういう理由からも、子供に対して嫌いな食べ物を
無理矢理食べさせることは、マイナスの記憶を植え付け、
より嫌いにさせてしまう可能性があるのです。

たとえ、今、食べられないものがあったとしても、
「いつか食べられるようになるといいね。」
という気持ちで見守ってあげられたらいいな、と思います。