FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

そら豆のチーズソース&すっきりハーブ緑茶

fotoco,フートコ,そら豆,ハーブ緑茶

八百屋さんの店頭でそら豆の大きなサヤを見つけると
なんだかワクワクしてつい買ってしまいます。
こんなに大きい豆って他にあまり見ないので
子供の頃に読んだジャックと豆の木を連想して
心が躍るのかもしれません。

大きなサヤをぱっくり割ると
ふかふかのお布団の上に、まるまる太った豆がお行儀よく寝ています。
このふかふかのお布団がかわいくて、なんとか利用したいんだけど
食べる訳にもいかないし…といつも残念に思いながら捨てていました。

でも、いい使い道がありました。
そのままサヤを器にしてしまう方法です。
サヤをちょっと焦げ目がつくぐらい焼いて、上に茹でたそら豆を乗せ
チーズのソースをかければ、そら豆ディッシュのできあがり。

今回はさらに、
そら豆とチーズソースに合うハーブ緑茶を2種ブレンドしてみました。
チーズによく合うミントはアクセントとして両方で使い、
ベースになる緑茶とハーブを変えてチャレンジです。

fotoco,フートコ,そら豆,ハーブ緑茶

❶「レモングラスミント浅蒸し茶」(写真右のグラスのお茶)
すっきりさせることを目的にブレンド。
レモングラスのスーッとした爽やかな香りと
浅蒸し茶のほどよい甘旨味がなじみ、ミントがアクセントになって
口の中をすっきり切り替えてくれました。

❷「ローズマリーミントほうじ茶」(写真左のグラスのお茶)
引き立てることを目的にブレンド。
ハーブでほうじ茶の癖が緩和され、そら豆の味をやわらかく包み、
ベーコンやフライドオニオンの香ばしさと合って、
引き立てるというよりなじませる味わいになりました。

料理の味を連想しながらブレンドするのは
慣れないとちょっと難しいですが、
どんな味わいのハーブ緑茶ができるのか楽しみでもあります。
私は❶の方が好きだったので、そちらをご紹介しますね。

【レモングラスミント浅蒸し茶】
・水/500cc
・浅蒸し茶/3.25g(65%)
・レモングラス/1.5g(30%)
・ミント/0.25g(5%)
・タラゴン/2振り
①材料をボトルに入れ、冷蔵庫で8時間ほど抽出します。
前の晩に仕込んでおけばOK!
②翌日、茶葉を漉してできあがり。
※HOTで飲みたい場合は、耐熱容器に入れてレンジでチンしてください。

節分のお豆でほっこりハーブ緑茶

節分

冬の終わり、春の始まり..節分

邪気払いの福豆ですが、大人になると
歳の数を食べるのも一苦労。
そこで!水出ししたお茶にお豆ごと浮かべて、
レンジで温めるレシピをご紹介します。

レモングラスが、新鮮な風合いを出してくれます。
お豆がお茶の中でほくほくとなって、
小腹が空いた時のおやつ代わりになりますよ。

唐揚げに合うグルメ緑茶

鳥の唐揚げ唐辛子風味

前回に引き続き、今回はOVER LOOKS BIWAさんの
『鳥の唐揚げ 唐辛子風味』に合う
グルメ緑茶のブレンドに挑戦してみます。

カラッと揚げられた鶏にまぶされた
スパイスパウダーの塩味と旨味のバランスが
素晴らしい一品。
鶏と一緒に揚げられた、ローリエや中国山椒、
唐辛子の香りは決して主張しすぎず、
あくまで引き立て役に徹しています。

外側はカラッと、中はジューシーな
唐揚げの味わいをさっぱりさせつつ、
スパイスの香りを邪魔しないブレンドを目指します。

唐揚げ用

油をすっきりさせる味わいの玄米茶をベースに、
引き立て役の唐揚げのスパイスの風味を
やわらかく包み込むカモミールをブレンド。
カモミールだけだと甘柔らかくなってしまう味わいを、
ジンジャーを加えることで全体の味わいを引き締めます。

お酒を飲まれる方は、揚げ物にはビールが合う!と
感じている方が多いのではないでしょうか。
ソフトドリンクであれば、甘みの少ない
ジンジャーエールも合いそうだな、と
個人的には思います。

そこで!
今回は思い切って、
ブレンド後、水出ししたお茶に炭酸を加え、
スパークリングハーブグリーンティーに
仕上げてみます!

炭酸メーカー

写真の赤い機械は、お茶やお酒、
ジュースなども炭酸にすることができる、
炭酸飲料メーカーのドリンクメイトです。

水出ししたお茶を炭酸にすることで、
揚げ物を食べた後のすっきり感が増します。
ハーブをブレンドしない水出し茶でも、
ある程度後味をすっきりとさせてはくれますが、
お料理の味わいをさらに高めるまではいきません。

お料理によってお酒を選ぶように、
お茶も選ぶ(ブレンドする)ことができると
お酒を飲めない人も、もっと食事を
楽しめるようになるはす。

今回のブレンド茶は、
麻婆豆腐などとも相性の良いブレンドなので、
刺激のある中華料理と一緒におすすめです。

八角を使った料理に合うグルメ緑茶

豚の耳の冷菜

静岡街中にある私の大好きな中華料理のお店、
OVER LOOKS BIWAさん。

中華と言っても、さっぱりとした味わいの
ヌーベルシノワ(新しい中華料理)で、
店内は中華のイメージとはかけ離れた、
オープンキッチンのおしゃれな空間。
毎晩、若いお客さんで賑わうお店です。

こちらのお料理が好き過ぎて、
ビワさんのお料理に合いそうなお茶を
イメージして、独断でブレンド緑茶に
挑戦してみます!

第一弾は、豚の耳の冷菜。

ほんのりとした八角の風味と、
セロリと白ネギが織りなす
爽やかさが特徴の冷菜。

濃い味ではありませんが、
旨みのしっかりとあるタレが絡んでいるので、
その味わいを邪魔しないよう、ベースのお茶は
旨味や味わいの控えめな番茶を選びました。

爽やかな風味をやさしく後押しする
レモングラスとオレンジピールを加え、
全体の味わいに落ち着きを与えてくれる
クローブを隠し味に入れます。

クローブは八角と相性が良いため、
八角の香りが特徴的な中華料理(トンポーロー等)
におすすめのお茶です。

バーニャカウダをおいしくするグルメ緑茶

バーニャカウダ

お酒を飲めない人でも洋食を楽しめる!
バーニャカウダに合わせた
グルメ緑茶(水出し茶)のレシピです。

ローズマリーとジンジャーは、
ハーブティー用のものを使用しました。

ハーブがアンチョビの生臭みを抑えてくれるので、
アクアパッツァ等、白身魚や青魚料理の時にも
おすすめのブレンドレシピです。

参考:煮こごりジュレを使用した、
混ぜるだけ!バーニャカウダ風ソースレシピ

鹿肉ローストに合うグルメ緑茶

グルメ緑茶,ジビエ

お酒を飲めない人でも洋食を楽しめる!
今回は鹿肉のロースト(ローストベニソン)に
合わせたグルメ緑茶のレシピです。

鮮やかな鹿肉の色に合わせて、
見た目もロゼワイン風にピンク色にしてみました。

お肉やソースのしっかりした味わいを、
ほのかな酸味で爽やかに切り替えてくれるお茶です。

 

カレーによく合う!グルメ緑茶

グルメ緑茶,カレー

カレーをもっと美味しく食べられるよう、
カレーの味わいに合わせてお茶をブレンドしました。

カモミールの甘い香りがスパイシーさを和らげるので、
甘口カレーの場合はカモミール少なめが良いかもしれません。
すっきり感がお好みならミント増し増しで♪