2017/12/30
お金の健康(おいしい話。)
人の不労所得を喜ぶ

誰かが宝くじに当たったら
喜んで上げられますか?

友達に財産が入ったら
一緒に喜んで上げられますか?

その相手によっても違うでしょうが
一緒に喜んで上げた方が良いようです。

なぜかと言うと、
人の不労所得を否定することは
それが良くないと自分に認識させるからです。

不労所得を否定するする人には
不労所得はやって来ないということです。

自分に不労所得が入ってきたらイヤですか?
うれしいと思う人の方が多いのでは。

不労所得は悪の根源だ、と考える人は
ここに書かれていることは無視してください。

でも、そうでない人は日頃から
人の不労所得を喜んであげてみてください。

もしかしたら思いがけない不労所得が
あるかもしれません。

でも不労所得にも、
良い不労所得と悪い不労所得があるようです。

それは、その不労所得をどう使うかです。

そのことがまたお金の健康に
大きく影響するようです。

不労所得に関する認識をもう一度
見つめ直してみると生活が変わるかもしれません。

お金は、労力にプラス
思いに寄って来るようです。


(SEIJI)

2017/12/5
お金の健康(おいしい話。)
1円玉を大切に

10000円札と1円玉を拾ったら、
どちらの方がうれしいですか?

普通は、10000円札と答えるのでは?

でも、交番に届けるの面倒、とか。
使ってしまうと罪悪感が、とか。

こんな話し聞いたことありませんか?

1円玉の親は、5円玉。
5円玉の親は、10円玉。
10円玉の親は、50円玉。
50円玉の親は、100円玉。
100円玉の親は、500円玉。
500円玉の親は、1000円札。
1000円札の親は、5000円札。
5000円札の親は10000円札。

※2000円札が入ってなくて済みません。

一円玉を拾って大切にすると、
その親、またその親、そしてまたその親と
お礼にやって来る。

そんなことあるもんか!と思いますか?

ある日、1円玉を拾いました。
キレイにしてお預かりしています。
なぜかというと、
1円玉を拾った自分はついているからです。
また、少し経ったある日、
今度は、ひしゃげた1円玉を拾いました。
なんて自分はついてるんだ、思いました。

とても大切にお預かりさせていただいています。
変だと思いますか。

その後のお金の巡りがどうなったと思います?
ご想像にお任せします。

(Seiji)


(SEIJI)

footer1
footer2
footer3