2017/12/6
根菜(個性を味わう!)
飛鳥赤根かぶ/ヤサイノイトウ

奈良県の片平地区で
古くから育てられてきた長かぶです。

奈良県では「片平あかね蕪(かたひらあかねかぶ)」
の名で伝統野菜として指定されており、
奈良県以外の地域でこの名称が使えないため、
一般的には飛鳥赤根かぶと呼ばれています。

「スーパーで売っている野菜だけが野菜ではない。
土地ごとに味も見た目も違う、
色々なおいしい野菜を食べてほしい」と
固定種の野菜作りにこだわっている
ヤサイノイトウさんがこのかぶの存在を知り、
「ぜひ自分で作りたい」と
ネットで調べて種を取り寄せ育てました。

形がおもしろいため、イベントに出展すると
「これは人参ですか?」と言われ、
珍しいととても人気だそうです。

もともと漬物用のかぶなので、
パリッとした歯ごたえとほんのりした甘味が特徴。

生に塩だけでもおいしいのですが、
焼くと甘味が出て食感も良く、ヤサイノイトウさんも
「何でいままでなかったんだろう!?」と
思うほどだったとか。

皮は赤く中身は白いので
輪切りにするとかわいらしく、
サラダに華を添えてくれます。

焼く時はズバッと縦割りにすると
見た目がキレイでインパクト大。
ピクルスもオススメです。

ヤサイノイトウBlig ヤサイノイトウFacebook


MIKI

2017/12/6
根菜(個性を味わう!)
紅はるか/ヤサイノイトウ

誕生したのはそれほど古くはなく、20数年前ぐらい。

もともと東日本では、
紅あずまというホクホクしたさつまいもが主流でした。

そこに、鹿児島の離島原産で
強い甘味が特徴の安納芋(あんのういも)が出現。
水分が多く、焼き芋にすると
クリームのようにねっとりした甘味と食感で
おいしいという評判を聞いた方もいるでしょう。

この安納芋の人気が高まったことから
「安納芋を遥かに超えるおいしい芋を作ろう!」と、
紅あずまを選抜固定して作られたのが、
この紅はるかです。

ホクホクした紅あずまに対し、繊維質が少なく、
とても柔らかでしっとりした強い甘味が特徴。

焼き芋にすると
既に練ったかのようなトロリとした食感。

マッシュしてバター、玉ねぎスライス、
レーズンを加え、塩コショウとマヨネーズで
味を整えたサラダは、スイートポテトのように
滑らかで自然な甘味。
リッチな気分になりました。

ヤサイノイトウBlig ヤサイノイトウFacebook


MIKI

2017/12/5
葉菜(個性を味わう!)
新黒水菜/ヤサイノイトウ

正式名称は「新黒水菜(しんくろみずな)」。
水菜と言いながら小松菜です。

もともと水菜も小松菜も最初の系統は同じで、
突然品種や土地によって変わっていったそうです。

小松菜は本来、折れやすい野菜で、
スーパーで売っている小松菜は出荷しやすいように
茎や筋を強くするため
チンゲンサイなどを掛け合わせて品種改良されたもの。

一方、この新黒水菜は、日本農林社さんが
本来の小松菜の個性を残すように選抜固定したもので、
一般市場には流通しないため「本来の小松菜は、
自分で種から育てないと食べられません」
と謳っているとのこと。

ですのでヤサイノイトウさんの新黒水菜も折れやすく、
折れた外側の葉を取り除いて出荷しているそうです。

黒みがかった濃い緑の葉。
旨みが濃く、味がしっかりしているので、
おひたしでも十分味わえます。

生でも甘みがしっかり出ていて、特に茎が甘いため、
野菜ジュースにもオススメです。

ヤサイノイトウBlig ヤサイノイトウFacebook


MIKI

2017/12/5
根菜(個性を味わう!)
姫神いも/ヤサイノイトウ

岩手県原産の長芋系です。

この名前が付いたのは数十年前ぐらいで、
もともとは名前もなく
山間部に自生していた芋のようです。

寒さに強く、度々冷害に悩まされてきた土地で
たくましく育ち、人々の糧になってきたのでしょう。

北奥の三霊山とされ、
岩手県出身の歌人石川啄木も愛した
姫神山という山が盛岡市にあります。
姫神いもという名前は、親しみと愛情をもって
ここから由来したのでしょう。

一定の形にはならず、
同じ土地でもまっすぐだったり、横に広がったり、
グローブのような形になったり。

ヤサイノイトウさんでは
25cm間隔で植えているそうなのですが、
隣合っていても形が全部違うため、
箱詰めして送る時にどう配置するか
いつも悩ましいそうです。

スーパーの長芋より水分が少なくて粘りが強く、
かといって自然薯ほど硬くはないため、
とろろに最適。

また、スライスして焼いたり天ぷらにしても
シャキシャキした歯ごたえが楽しめます。

ヤサイノイトウBlig ヤサイノイトウFacebook


MIKI

2017/12/4
葉菜(個性を味わう!)
固定種とは

ご存知の通り、植物は、種を蒔いて、花が咲いて、
実がなって、また種が取れます。
そして1つの花から何百と取れる種たちは、
基本全部違う性質を持っています。

どういうことかと言うと、
大きさや形だけでなく、寒さ、暑さ、雨、風、
乾燥に強い、弱いといろんな性質を持つことで、
どんな環境でもどれかが成長して確実に次の世代へ
種を残そうとする力が植物にはあります。

つまり種は1粒ずつ全部個性が違うのです。

この個性を見ながら、
「このカブはもっと甘味を強くしてこんな形にしよう」
など、種を取る人が意思を持って選抜していくのが
「選抜固定種」と言われる野菜です。

他の種と交配しないように
離れた場所で栽培しなくてはなりません。

また、例えば1年目に100粒撒いた種から
個性の違う100個のカブができ、
この中で気に入った1本を選んで
その100粒の種を2年目に撒き、
また新たにできた100個のカブから
今度は理想に近いカブが10個できたので、
そこからまた種を取って3年目に撒き、
今度は理想に近いカブが20本できたので…と
(確立は何とも言えませんが)
この繰り返しで選抜していくため
とても手間と労力がかかります。
その分、個性的な野菜が生まれます。

昔はどこの農家さんもやっていました。
だから同じ野菜でも、作る農家さんによって
味も形も個性があったのです。

一方、いま一般的にスーパーに並んでいるのは
「F1種」と呼ばれる種から育った野菜たち。

大きな種苗会社が、味も見た目も、
どの病気に強いかも、同じに育つよう交配させて
大量生産、大量販売できるようにした
いわばクローンに近いもの。

全国均一に流通させることで、
ある時期足りない地域に
他の地域から補充できるメリットがある反面、
異常気象などでは全滅しやすい性質を持っています。

このような標準的な「F1種」が生まれたことで、
昔ながらの種取りをしているものを
「固定種」と呼ぶようになりました。

手がかかり、JAが扱ってくれないため、
これを育てる農家さんは激減。
いまでは貴重な野菜と言えます。

ヤサイノイトウさんでは、
無化学肥料、無化学農薬で、
この固定種に特化した野菜を育てています。


MIKI

footer1
footer2
footer3