食を真面目に考えるあなたへ
六教科の視点から食を見つめ、食意識を深めよう!

食について学ぼうとすると、だいたい調理や栄養の話になりがちです。でも私たちは考えました。小学生の授業と同じように、国語、算数、理科、社会、体育、美術で伝えることができるのでは?と。国語は、食に関わる言葉や表現などについて。算数は、食に関わる数字、分量、計算などについて。理科は、発酵や調理温度など食に関わる化学反応、栄養素などについて。社会は、食に関わる歴史や文化などについて。体育は、スポーツと食の関係について。そして美術は、テーブルコーディネート、パッケージなど、色、形、レイアウトなどの表現について。こんな視点で食を見つめてみると、より食への意識が深まるのではと考えています。そんな情報をどんどんご紹介していきます。

2017/12/6 社会(食の六教科教室)
男女の味覚に違いはあるの?
一般的に、女性は甘いもの好き、 男性は脂や塩気のものが好き、 と言われていますが、 実際のところはどうなのでし ...  続きを読む
2017/12/4 国語(食の六教科教室)
食感と言葉の意外な関係!?
“もちっふわっ”なパンケーキ ここ数年、“もちもち”、“ふわとろ”、 “もちふわ”、などの食感が人気ですが、 ...  続きを読む
2017/12/1 美術(食の六教科教室)
シズル感満載?!日本の食品パッケージ
普段、日本にいると気付きませんが、 日本で販売されている食品のパッケージには 思わず目を引く素材のみずみずしさ ...  続きを読む
2017/11/24 社会(食の六教科教室)
お寿司を食べる順番
お寿司屋さんのカウンターで、 こはだや玉子を最初に注文すると “通”だ!という話を聞いたことがありますが (そ ...  続きを読む
footer1
footer2
footer3