2017/12/9
算数(食育の六教科)
小さじ少々、ひとつまみってどれぐらいの量?

お料理がまったくできない人たちに
簡単レシピを教えるTV番組で、
「塩少々」と言うと「それがもう分からない!」と
お料理ビギナーたちが嘆いていました。

お料理に慣れている人なら
「だいたいこれぐらいかな」と分かることも、
経験がない人にとっては未知の世界。
たとえお料理している人でも、
正確に分かっている人はあまりいないかもしれません。

小さじ少々とは、
小さじ(5cc・5ml)の1/4ぐらいの量のこと。

でも、重さは物質によって比重が違うため、
同じ小さじ1杯でも水や酒は5g、
しょう油、みりん、食塩は6g、
はちみつやジャムは7gと変わってきます。

塩少々とは、
親指と人差し指2本の先でつまむぐらいの量。
これも手の大きさで違いますが、
小さじだと1/16~1/8など諸説あります。

ひとつまみは、
親指、人差し指、中指の3本でつまむ量で、
小さじだと1/8~1/5ぐらいと、
少々よりは多くなります。

にんにく一片というのは小房の1個、
チューブやすりおろしの場合は5gぐらい。

生姜一片は、親指の第一関節ぐらいの長さ、
チューブやすりおろしの場合は約15gと、
にんにくとはだいぶ違うようです。

こういった量は
料理業界で決まっている規定ではなく、
あくまで一般的な定義。

一言で塩と言っても、種類によって
塩味の強さや旨味などそれぞれ違いますから、
一概にどれくらいの量とは
言い切れないのが正直なところ。

あくまでも目安ということで、
薄味で足りなければ少し足すという方法で
自分のベストの量を見つけてみてください。


MIKI

footer1
footer2
footer3