FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2017/12/6
根菜(野菜を味わう!)
飛鳥赤根かぶ/ヤサイノイトウ

奈良県の片平地区で
古くから育てられてきた長かぶです。

奈良県では「片平あかね蕪(かたひらあかねかぶ)」
の名で伝統野菜として指定されており、
奈良県以外の地域でこの名称が使えないため、
一般的には飛鳥赤根かぶと呼ばれています。

「スーパーで売っている野菜だけが野菜ではない。
土地ごとに味も見た目も違う、
色々なおいしい野菜を食べてほしい」と
固定種の野菜作りにこだわっている
ヤサイノイトウさんがこのかぶの存在を知り、
「ぜひ自分で作りたい」と
ネットで調べて種を取り寄せ育てました。

形がおもしろいため、イベントに出展すると
「これは人参ですか?」と言われ、
珍しいととても人気だそうです。

もともと漬物用のかぶなので、
パリッとした歯ごたえとほんのりした甘味が特徴。

生に塩だけでもおいしいのですが、
焼くと甘味が出て食感も良く、ヤサイノイトウさんも
「何でいままでなかったんだろう!?」と
思うほどだったとか。

皮は赤く中身は白いので
輪切りにするとかわいらしく、
サラダに華を添えてくれます。

焼く時はズバッと縦割りにすると
見た目がキレイでインパクト大。
ピクルスもオススメです。

ヤサイノイトウBlig ヤサイノイトウFacebook


MIKI