FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2018/2/23
味について(私の味覚)
私の好きな苦味・苦手な苦味

私の好きな苦味・苦手な苦味

“苦味”は、本来、毒性を感じさせるものとして、
動物の本能的には避けられてきた味わいです。

しかし、豊富な食生活の中で生きる私たちにとっては、
欠かせない“嗜好性”のひとつでもあります。

私の場合、小さな頃から緑茶を飲んで育ったためか、
知り合いや職場の人と比べ、
緑茶の苦味に対する許容量が広いようです。

例えば同じ緑茶に対して、
Aさんが「このお茶、苦いねぇ。」と言っても、
私は「え?全然苦く感じないよ。」ということがよくあります。

しかし、コーヒーやビールに関しては、全く逆です。
ブラックコーヒーは苦くて飲めないため、
コーヒーを飲むときには、ミルクとお砂糖をたっぷり入れます。
ビールの場合、舌に刺さるような苦味が苦手です。
ただ、ホップの風味は好きなので、ほんの少しずつ口にしていたら、
軽めのビールなら少量は飲めるようになってきました。

食べ物の場合、さんまやいわしのはらわたの苦味は苦手ですが、
春の山菜(ふきのとう、たらの芽等)の苦味は大好きです。

このように、苦味ひとつとっても、さまざまな苦味の種類があり、
好みは分かれます。

そのため、お茶を淹れるお仕事の多い私は、
相手がどのくらいお茶に慣れているか
(=どのくらい渋味や苦味に慣れているか)
会話などの中から好みを探ります。

苦味は経験で “苦手から好き!” に変わる可能性を持つ味わい。

今は苦手でも、少しずつ慣らしていくことで、
好きな味わいが増えるかもしれません。


ASAMI