FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

2018/5/16
葉菜(野菜を味わう!)
畑のベビーラッシュ

fotoco,フートコ,ヤサイノイトウ

天に向かって小さい両手を精一杯広げているような野菜の赤ちゃんたち。
陽気が良くなる今の季節、あちこちの動物園などで
ベビーラッシュの話題を耳にしますが、
畑も野菜の赤ちゃんたちがすくすく育っています。

こちらは、岩手県北上市で無化学肥料、無農薬で
固定種・在来種の野菜作りに取り組むヤサイノイトウさんの畑。
種から育てて1カ月強、最初に芽が出てきた状態。
これを畑に植え替えます。

植え替えたら、基本的に間引きもしないし、水もやらないのだそうです。
「水もやらないの!?」とびっくりしますが、
雨は、小雨でもホースで水を撒くより何十倍もの水量があり、
土の表面が乾いていても中が湿っているため、
根が伸びてくれれば枯れないのだそうです。

大事なのは、根が伸びる前にちゃんと水分があること。
だから植え替えは、雨が降る前、もしくは
雨が振っている最中に行うのだとか。
この時も植え替えた後に予定通り雨が振ってくれて
一安心したようです。まさに農業は自然と一体。

fotoco,フートコ,ヤサイノイトウ

植え替えを待つたくさんの野菜の赤ちゃんたち。
左列上から、
レーヌデグラースレタス、キャトルセゾン、サニーレタス、
リーフレタス、ロメインレタス、
中生成功甘藍(なかてせいこうかんらん…キャベツです)。

中列上から、
ルージュディヴァロメインレタス、コールラビビアンコ、
中生成功甘藍が少し育ったもの、フィルダークラウト、
レッドロシアンケール、カーボロネロ。

右列のぽやぽやしたのは、
コールラビパープルヴィエナとコールラビビアンコの
遅く蒔いたもの。

普段、何気なく「レタス」「キャベツ」と呼んでいる野菜にも、
みんなオシャレで立派な名前が付いています。

fotoco,フートコ,ヤサイノイトウ

こちらはスナップエンドウ。まわりにはクローバーがいっぱい。
クローバーもマメ科って知ってましたか?
だからよーく見ると少し似ています。

5/21は、二十四節季の中のひとつ「小満(しょうまん)」。
陽気が良くなり、すべての生き物がしだいに成長して
天地に満ち始める頃。
農業を営む人たちが「今のところは順調だ」と
満足したことから小満と呼ばれるようになったそうです。

野菜の赤ちゃんたちも元気に育ち、今年も
たくさんの人の元へおいしい感動が届きますように。


MIKI