FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

月夜の浜辺でカクテルハーブ緑茶

ハーブ緑茶カクテル

いつものお茶会に、今日は食べ物とお酒も持ち寄って…
お酒を飲めない私は、ハーブ緑茶を5種類用意しました。

そのまま飲んだり、お酒のチェイサーとしたり、お酒と割ったり…

フランス生まれの友達の提案で、ロゼワインを
番茶ベースのハイビスカス&マンゴーのハーブ緑茶で割ってみたら、
とてもフルーティ🌺で飲みやすくてびっくり!

彼女たちが作ってくれたチョコレートのスイーツに、
フレッシュミントのハーブ緑茶を合わせてみたり、
日本酒を合わせてみたり…
お酒が飲めない私にとって、いろいろと楽しい
勉強になりました(^ ^)
いつも楽しい時間をありがとう!

茶町KINZABUROさんにてちゃらいふサロン開催!

ちゃらいふサロン

茶町KINZABROさんにて、ちゃらいふサロンを開催いたしました。
緑茶は世界中にありますが、日本茶としての緑茶の可能性を、
テイスティングを含めてお伝えする、初めての機会でした。

日本の緑茶は、旨味が多く含まれているため、和食だけでなく
洋食も美味しくできる可能性を秘めています。

お酒を飲めない私だからこそ、ワインのようにお料理に合わせて、
緑茶も変幻自在にバリエーションを広げられないか、
ずっと研究してきました。

緑茶に対して、ただやみくもにハーブやドライフルーツ、スパイスを
ブレンドするのではなく〝味覚音感〟という独自の味の捉え方を基準に
料理を美味しくするブレンドを提案しています。

お茶の飲み比べやブレンドを経験することで、味覚を磨くこともできるのです!

味覚音感

新しい提案のお披露目に、皆さまの反応が少し不安でもありましたが、
たくさんご質問いただき、暖かい雰囲気の中、私自身も楽しみながら、
良い勉強をすることができました。

ブレンド用のドライフルーツの選び方

driedfruit

前回、料理の味わいに合わせた
グルメ緑茶をブレンドする時の
ハーブの選び方をご紹介しました。
今回は、スイーツを美味しくする、
又は、スイーツティーとして楽しむ
カジュアル緑茶をブレンドする時の
ドライフルーツの選び方をご紹介します。

ブレンドを行う前に、ドライフルーツの役割を
ある程度把握しておくと、ブレンドや
作りたいお茶のイメージがスムーズにできます。

例えば、カジュアル緑茶をブレンドする際、
ドライフルーツに求める役割には
・スイーツの味わいになじませる
・スイーツの味わいをすっきりさせる
・アクセントになる
などがあります。

代表的なドライフルーツを挙げると

・スイーツの味わいとなじむ
→レーズン、プルーン、クランベリー、
バナナ、ホワイトマルベリーなど

・トロピカルな風味がアクセントになる
→マンゴー、パイナップル、ココナツなど

・酸味がアクセントになる
→マンゴー、パイナップルなど

・香りや、ほのかな苦みがアクセントになる
→オレンジピール、レモンピールなど

砂糖をたくさん添加しているドライフルーツは、
フルーツそのものの味わいが甘味で覆われてしまうので、
砂糖不使用か、砂糖の使用が少ないものがおすすめです。

T-1グランプリが開催されました

T-1グランプリ

先日(2月10日)、静岡市茶市場にて、小学3~6年生を対象に、
お茶の淹れ方や知識を競う、T-1グランプリが開催されました。

約50名の子供たちが真剣にお茶に向き合い頑張る様子は、
微笑ましくも頼もしい光景でした。

会場内では、野菜や手作りのデリなどの販売も行われ、
私たち、ちゃらいふ向上研究会は、
「チョコレートをおいしくするハーブ緑茶」の試飲会を行いました。

T-1グランプリ

競技に参加する子供たちや父兄の方に、緑茶の可能性をもっともっと
感じていただこうと、チョコレートを食べて、通常の緑茶を飲んだ時と
チョコレートに合わせたブレンドをしたハーブ緑茶を飲んでもらい、
味わいの違いを体験していただきました。

今回のイベントで提供したハーブ緑茶レシピはこちら↓

バレンタインに!チョコに合うハーブ緑茶

今までにない飲み比べ体験に、子供たちはもちろん、
父兄の方たちも興味深く味わってくれました。

今回の大会の景品として、
「ハーブ緑茶ブレンドキット」を提供させていただきました。

ハーブ緑茶ブレンドキットを開発

ハーブ緑茶ブレンドキット

食事に合わせて、スイーツに合わせて、マイブレンド緑茶を楽しめる
「ハーブ緑茶ブレンドキット」を開発しました。

水出し緑茶の基本の淹れ方や、食事に合わせたレシピを掲載したしおりと、
緑茶、ハーブ、ドライフルーツがセットされています。

今回は、販売前ではありますが、2月10日に開催されるT-1グランプリ
景品の一部として提供いたします。

柚子茶をちゃらいふ流アレンジ!

ふーとこ,フートコ,ちゃらいふ緑茶

日本ではお茶と言えば緑茶やほうじ茶など、
「茶の木」から作られるお茶が主流ですが、
韓国では果実の砂糖漬けや穀物などを
お湯で割って飲むタイプのお茶があります。

その中でも、女性に人気なのが
「柚子茶」
砂糖漬けにした柚子をお湯で割って飲みます。

爽やかな柚子の香りとやさしい甘さが、
冷えた身体をほっこり温めてくれます。

先日、母と一緒に柚子ジャムを作ったので、
今日はこの柚子ジャムを使って、
カジュアル緑茶としてアレンジ!

あらかじめ、
棒茶にローズマリーを少し加えたものを
濃いめ(100ccのお水に対してお茶2g)に
水出ししておきます。

水出ししたお茶に柚子ジャムを加えて、
お湯で割ると…
ローズマリーのほのかな香りが柚子と混ざった、
ほんのり大人風味のお茶のできあがり。
(酸味のある柑橘類は、
味わいのやさしい棒茶との相性が良いです。)

柚子も緑茶もローズマリーも、
風邪予防に効果的!
その証拠に
日本では江戸時代から、
元気に冬を越せますようにと、
冬至(2017年の冬至は12月22日)に
柚子湯につかる習慣があります。

日々の暮らしの中に
季節のものを加えることは、
先人の知恵を学ぶことにも繋がりますね。