FOTOCO

あなたの味わいがもっと深まる!

ベジブロスの旨味がやさしいにんじんのポタージュ

食が細くなった実家の母親の食事作りで大変参考になったのが辰巳芳子さんの「いのちのスープ」です。辰巳さんのレシピは難しいことは何もなく、ちょっと時間をかけて丁寧に作るだけなので、基本、面倒くさがり屋で手の込んだ料理なんてできない私でも作ることができました。

何より、「蒸し煮にして野菜に汗をかかせ旨味を出す」「水面が微笑む程度の火加減で煮る」などの表現がすばらしく、食べる人への深い愛情を教えてくれます。消化を良くするためにトマトの皮を向く、丁寧に裏ごしする、繊維を断ち切るなどを考えている自分がいました。

これはにんじんのポタージュ。実家から戻ってから母を思い出して再現してみました。味付けは塩のみですが、野菜から出るベジブロスが濃厚でしっかり旨味とほんのり甘味があり、弱った体に染み入るようなやさしい味。湯気の向こうに、一生懸命食べて元気になろうとする母親の小さな笑顔が見えます。

にんじんはジョーズジュデュというフランスの香り高いセリ科の品種(写真の黄色のにんじん)。トマトはブラックチェリー、スウィーティーチェリー、黄色のブロントケプヒェン。玉ねぎは辛味の少ない奥州。にんにくはでしゃばり過ぎないホワイト六片。すべて ヤサイ ノ イトウさん の無化学農薬・無化学肥料の野菜です。

大人のハーブ緑茶カルピス(ローズマリー)

ローズマリーカルピス

カルピスを大人も楽しめるスッキリした味のアレンジをしたくて、
ローズマリーのハーブ緑茶でカルピスを割ってみました。
ローズマリーだけでは強すぎるので、緑茶をブレンドすることで
味わいが大人っぽくなりつつ、とても優しくなります。
ローズマリーの他に、タイムやローリエなどでもOK!
水出しした手順2のお茶は、焼酎のお茶割りにもおすすめです。

 

ハイビスカスが主役!のスイーツハーブ緑茶

ハイビスカスが主役のハーブ緑茶

そろそろ梅雨の季節。
湿度が高くて蒸し暑い日には、喉をすっきりさせてくれる
ハーブ緑茶がおすすめ!
今日は、見た目も可愛らしく、お子様とも楽しめる
ハイビスカスが主役のスイーツハーブ緑茶をご紹介します。

レシピ材料内の、ドライアップルとカモミールは、ハイビスカスの
酸味を和らげ、風味を良くするために使用しています。
ない場合は、オレンジジュースを多めにしたり、ガムシロップ等を
入れて酸味を緩和させてください。

そら豆のチーズソース&すっきりハーブ緑茶

fotoco,フートコ,そら豆,ハーブ緑茶

八百屋さんの店頭でそら豆の大きなサヤを見つけると
なんだかワクワクしてつい買ってしまいます。
こんなに大きい豆って他にあまり見ないので
子供の頃に読んだジャックと豆の木を連想して
心が躍るのかもしれません。

大きなサヤをぱっくり割ると
ふかふかのお布団の上に、まるまる太った豆がお行儀よく寝ています。
このふかふかのお布団がかわいくて、なんとか利用したいんだけど
食べる訳にもいかないし…といつも残念に思いながら捨てていました。

でも、いい使い道がありました。
そのままサヤを器にしてしまう方法です。
サヤをちょっと焦げ目がつくぐらい焼いて、上に茹でたそら豆を乗せ
チーズのソースをかければ、そら豆ディッシュのできあがり。

今回はさらに、
そら豆とチーズソースに合うハーブ緑茶を2種ブレンドしてみました。
チーズによく合うミントはアクセントとして両方で使い、
ベースになる緑茶とハーブを変えてチャレンジです。

fotoco,フートコ,そら豆,ハーブ緑茶

❶「レモングラスミント浅蒸し茶」(写真右のグラスのお茶)
すっきりさせることを目的にブレンド。
レモングラスのスーッとした爽やかな香りと
浅蒸し茶のほどよい甘旨味がなじみ、ミントがアクセントになって
口の中をすっきり切り替えてくれました。

❷「ローズマリーミントほうじ茶」(写真左のグラスのお茶)
引き立てることを目的にブレンド。
ハーブでほうじ茶の癖が緩和され、そら豆の味をやわらかく包み、
ベーコンやフライドオニオンの香ばしさと合って、
引き立てるというよりなじませる味わいになりました。

料理の味を連想しながらブレンドするのは
慣れないとちょっと難しいですが、
どんな味わいのハーブ緑茶ができるのか楽しみでもあります。
私は❶の方が好きだったので、そちらをご紹介しますね。

【レモングラスミント浅蒸し茶】
・水/500cc
・浅蒸し茶/3.25g(65%)
・レモングラス/1.5g(30%)
・ミント/0.25g(5%)
・タラゴン/2振り
①材料をボトルに入れ、冷蔵庫で8時間ほど抽出します。
前の晩に仕込んでおけばOK!
②翌日、茶葉を漉してできあがり。
※HOTで飲みたい場合は、耐熱容器に入れてレンジでチンしてください。

焼きトマトのコロコロスープ

fotoco,フートコ,レシピ,トマトスープ

見た目もかわいくて、ちょっと贅沢な気分になれる
トマトとモッツァレラチーズのスープです。
焼きトマトにすることでトマトの味わいが濃くなります。

温泉美人トマトというおいしいトマトをいただきました。
温泉水で育てたトマトで、温泉水に塩分が入っているため
トマト自体に味があり、ミネラルが豊富で
甘味旨味が濃いのが特長です。

素材がいいものはシンプルな味付けが一番。
生食を堪能したあと、残りをスープにしてみました。

口に入れた瞬間、トマトの爽やかな甘味が広がり
それからバランスのいい酸味がコクのある旨味を引き立てます。
まるごと入れた粒トマトのぷしゅりとした食感と溢れる果汁。
モッツァレラチーズのさっぱりとした味わいと
もちもちした食感の違いも楽しめます。

特別な味付けはしていないのに、
高級レストランのスープ?と思えるほど
上品なおいしさが凝縮したひと皿になりました。

今回は旨味の濃いトマトなのでシンプルな味付けにしましたが
一般的なトマトでも、コンソメなどで調整してやってみようと思います。
芽キャベツなどを入れてもかわいいかもしれませんね。

今回使ったひとくちサイズのモッツァレラチーズはこちらです。
fotoco.フートコ,レシピ,トマトスープ,ひとくち モッツァレラチーズ

市販ドレッシングに漬けるだけ!ロマネスコのピクルス

fotoco,フートコ,ロマネスコのピクルス

大量のロマネスコが手に入ったので、ピクルスにしようと思いました。
でも、一般的なピクルスの作り方だと、酸っぱ過ぎて苦手なんです。
他にも、油っぽかったり味がもの足りなかったり、
失敗を繰り返してきました。

どうしたもんかな…と考えて、ひらめきました。
市販のサラダドレッシングに漬けてしまえ!と笑。
今回使ったのはこちら。たまたま冷蔵庫にあった
「キューピー テイスティドレッシング イタリアン」。

fotoco,フートコ,ロマネスコのピクルス,キューピー イタリアンドレッシング,美登利寿司 すし酢

ロマネスコというだけあってイタリアの野菜だし、
彩りにトマトを入れようと思っていたので、合わないはずがない。

ドレッシングの量が少し足りなかったので、今回は
世田谷にある美登利寿司さんの酢飯用「美登利総本店 すし酢」も
ちょっと加えてみたところ、甘味が加わりまろやかな味わいに。

fotoco,フートコ,ロマネスコのピクルス

ちょうどいい酸味と旨味で私的にはよい出来でした。
ピクルスでもない、漬物でもない、洋風漬物といった感じでしょうか。

このドレッシングにはベーコンが入っているので、
ちょっと肉と燻製の香りが独特です。もっとシンプルな味にしたければ、
具が入っていないものやフレンチドレッシングでもいいかも。

市販のドレッシングを調味液として使うことで、
簡単に自分好みのピクルスができるのは発見でした。

シンプルな焼き菓子に合うハーブ緑茶

福砂屋

洋菓子のような素敵なパッケージに入ったカステラ。
これは、カステラの老舗、「福砂屋」さんの
ホワイトデー限定パッケージだそうです。

それぞれのキューブの中にはカステラが2切れずつ。
食べきりサイズで、とても可愛らしいですね。
伝統の味を守りつつ、女性の心をくすぐる
素敵なパッケージング、勉強になります。

福砂屋
ふたを閉めると、小窓から中箱が見えます

さまざまなカステラのメーカーの中でも、
この福砂屋さんのカステラは私のお気に入り。

しっとり・もっちりとした生地と、落ち着いた甘さで、
飽きの来ない、とてもシンプルな味わいです。

このカステラに合わせて、今日はほうじ茶ベースに
ブレンド茶を作ってみます。

ほうじ茶だけでも、こうばしい香りとすっきりした味が
カステラに合いますが、今回はさらに、華やかさを
プラスしてみます。

福砂屋

私が選んだほうじ茶は、味わいが軽めの浅炒り茎ほうじ茶。
そこに、落ち着きのある華やかで甘い香りのスターアニスと
大人びたほろ苦い香りのフェンネルをブレンド。

シンプルなカステラの味わいに寄り添いつつも、
高級感漂うお茶の出来上がり。

ほうじ茶と言うと、日常のお茶、庶民的なお茶、のイメージが
強くありますが、このようにハーブやスパイスを加えるだけで、
英国のティータイムにも引けを取らないお茶に変身するのです。

カステラの他にも、マドレーヌやフィナンシェなど、
シンプルな焼き菓子と相性が良いです。
(ホットで召し上がりたい場合は、レンジで温めてくださいね。)

野菜のジャム?!三島野菜のVejam(べジャム)

べジャムにんじん
奥のお茶がジャムを入れる前。右手前が、ジャムを入れたお茶。

ジャムと言えば、フルーツから作られたものが一般的ですが、
野菜から作られたジャムがあるのです!
その名も「べジャム(ベジタブル+ジャム)」
三島野菜を活かして開発された、おしゃれな野菜ジャムです。
(三島のPoco a Poco さんというお店です。)

写真は、色鮮やかな三島にんじんのジャム。
にんじんのやさしい風味を残しつつ、柑橘系の香り広がる
フルーティーな味わいです。

パンやアイスクリーム等に使用するのはもちろん美味しいのですが、
意外にも、水出し緑茶に入れても美味しく楽しむことができるのです。
(1杯分に、小さじ1~2杯)

手作りならではのやさしいジャムの甘さで、
緑茶がデザートティーに早変わり。
温めても、また違った美味しさになります。

他、ちゃらいふレシピはこちら

チーズケーキに合うハーブ緑茶

チーズケーキに合うハーブ緑茶

トロピカル風味のお茶が飲みたくなって、
緑茶とドライマンゴー、ココナツ、ミントで水出し。

トロピカルな風味でありながら、すっきり爽やかな
水出し緑茶ができあがりました!
コクのある白系のスイーツ(クリーム)と相性が良いので、
チーズケーキ、パンナコッタ、ババロア、生クリームなどの
スイーツと一緒にどうぞ。

眠りが浅い人へ!バナナ&クミンで安眠♪

クミン&バナナ

ここのところスパイスにハマり、クミンとバナナを組み合わせると
不眠改善に効果があることを知りました。
最近眠りが浅い、と困っていた母に夕食後に試してもらったところ、
その日の夜からぐっすり眠れたと聞き、クミンの効果に驚きました。
(効き目には個人差があります。)

眠りの浅い方、是非、夕食後に試してみてくださいね。

切り目を入れて焼くだけ!ハッセルバックポテト

カンタンなのに見栄えがするので、
最近SNSなどでよく見かけるようになった
ハッセルバックポテトです。

もともとは、スウェーデンのストックホルムにある
ハッセルバッケン・ホテルのレストランで出された
北欧風ベイクドポテト。

ガーリックバターで焼いたり、
溶かしバターにパン粉と粉チーズで焼いたり、
いろいろなレシピがあるようですが、
基本の味付けは塩コショウのシンプルな料理。

外側の皮はパリパリ、
中はほっくりと食感も楽しめます。

今回は、これに魚の旨味が凝縮した
はの字食品さんの「煮こごりジュレ」を
トッピングしてみました。

かつおの角煮のタレをベースにしたジュレで、
上記写真パッケージの左からプレーン、
梅、和からしの3種類があります。

まずプレーンを一口食べて感じたのが
「じゃがいもが甘い!」。
ジュレの旨味の中から、じゃがいも本来の
甘味とほのかな青味が感じられ、その向こうに
タイムの爽やかでスパイシーな香りが広がります。
普通にスーパーで売っているじゃがいもが
旨味たっぷりのホクホクごちそうに。

梅は+パンチのある甘酸っぱさ、
からしは+やさしい甘辛味がアクセントになり、
それぞれの味わいを楽しめました。

煮こごりジュレはただいま販売準備中。
幕張メッセで開催される
FOODEXで3/8~9に試食できます。

食べ過ぎ&飲み過ぎの時のおいしい健康緑茶

食べ過ぎ&飲みすぎのおいしい健康緑茶

飲み会や食事会の前後に飲むとおすすめな、
おいしい健康緑茶のレシピをご紹介します。

悪酔い防止や整腸作用のあるカルダモンと、
消化やお通じを良くしてくれるクミンを使用します。
(飲む直前に山椒を加えると、すっきり感が増すので
朝のお目覚めにおすすめです。)

冷蔵庫で水出ししておいて、飲み会などの前後に飲んで
身体を労わってくださいね。

サボイキャベツと大根のポトフ

まだまだ寒さが続く夜。
身も心もほっこり癒されるポトフディナーはいかが?

今がおいしい大根と
フランス原産のサボイキャベツのほろ苦さ、
今回は雪下にんじんを使っているので
(もちろん普通のにんじんでもOK)
やさしい甘さも加わって、見かけによらず
ちょっと贅沢な味わいです。

基本の味付けは塩コショウと固形ブイヨンのみ。
食べる時にスープで溶いたケチャップと粒マスタードで調節します。

せっかくのバレンタインなので、デザートに
英国王室御用達シャルボネル エ ウォーカーの
ピンクトリュフを添えて。

素朴だけど野菜の旨味たっぷりポトフの後の
リッチなチョコレートの締め。
ささやかな幸せを堪能です。

※ピンクトリュフは
外側のストロベリー風味のホワイトチョコレートと
内側のマールドシャンパーニュブランデー&
ミルクチョコレートのガナッシュの絶妙に豊かな味わい。
これ一粒で一気に満足感が倍増です。

バレンタインに!チョコに合うハーブ緑茶

バレンタイン

チョコレートの甘さをすっきり爽やかにするハーブ緑茶です。

チョコレートたくさんもらっても困るーという男性の声を聞いて、
チョコの甘さをすっきりさせるブレンドレシピを考えました。

相手を想ってお茶を淹れることで、普段伝えにくい感謝を表せたら
(会話のきっかけになったら)いいな、と思います。^^

安眠&リラックスのおいしい健康緑茶

ラベンダー安眠

ポプリやルームフレグランスとして人気のラベンダー。
安眠効果やリラックス効果の高いハーブとしても有名です。
とても良い香りで、私自身大好きなのですが、
ハーブティーとなると、その香りの強さゆえ
ちょっと飲みにくく感じてしまいます。

そこで今回は、おやすみ前にも飲める、
ラベンダーを使ったおいしい健康緑茶レシピのご紹介です。

あらかじめ水出ししておいた、カフェイン少なめの棒茶を使用します。

節分のお豆でほっこりハーブ緑茶

節分

冬の終わり、春の始まり..節分

邪気払いの福豆ですが、大人になると
歳の数を食べるのも一苦労。
そこで!水出ししたお茶にお豆ごと浮かべて、
レンジで温めるレシピをご紹介します。

レモングラスが、新鮮な風合いを出してくれます。
お豆がお茶の中でほくほくとなって、
小腹が空いた時のおやつ代わりになりますよ。

黒豆と酒粕の大人な甘酒

酒粕,甘酒

「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な甘酒。
でも甘酒には2種類あるって知っていましたか?
酒粕で作る甘酒と、米麹で作る甘酒です。

酒粕で作る方は、
日本酒を絞ったあとの酒粕を水に溶いて作るため
甘味が弱く、アルコール分があります。

米麹で作る方は、
米麹、お米、水を発酵させて作るため
でんぷんが発酵したブドウ糖の自然の甘味があり
アルコール分がありません。

一般的には米麹の方が飲みやすいのですが、
今回は酒粕を使った甘酒をご紹介。

というのも、
記事「40代にこそ効果的!?酒粕の力」で紹介した
コラーゲンを増やす成分
「α-EG」が含まれるのは日本酒と酒粕で、
米麹の方にはないらしいのです。
作り方もカンタン!

ちょっぴりアルコールがきいた大人の甘酒。
ゆずやラム酒を加えると、
リッチで華やかな味わいになります。

甘さは黒豆の蜜で調整して、
足りなければお砂糖を加えてください。
酒粕のクセが気になる場合は、
豆乳や牛乳で割ると飲みやすくなりますよ。

唐揚げに合うグルメ緑茶

鳥の唐揚げ唐辛子風味

前回に引き続き、今回はOVER LOOKS BIWAさんの
『鳥の唐揚げ 唐辛子風味』に合う
グルメ緑茶のブレンドに挑戦してみます。

カラッと揚げられた鶏にまぶされた
スパイスパウダーの塩味と旨味のバランスが
素晴らしい一品。
鶏と一緒に揚げられた、ローリエや中国山椒、
唐辛子の香りは決して主張しすぎず、
あくまで引き立て役に徹しています。

外側はカラッと、中はジューシーな
唐揚げの味わいをさっぱりさせつつ、
スパイスの香りを邪魔しないブレンドを目指します。

唐揚げ用

油をすっきりさせる味わいの玄米茶をベースに、
引き立て役の唐揚げのスパイスの風味を
やわらかく包み込むカモミールをブレンド。
カモミールだけだと甘柔らかくなってしまう味わいを、
ジンジャーを加えることで全体の味わいを引き締めます。

お酒を飲まれる方は、揚げ物にはビールが合う!と
感じている方が多いのではないでしょうか。
ソフトドリンクであれば、甘みの少ない
ジンジャーエールも合いそうだな、と
個人的には思います。

そこで!
今回は思い切って、
ブレンド後、水出ししたお茶に炭酸を加え、
スパークリングハーブグリーンティーに
仕上げてみます!

炭酸メーカー

写真の赤い機械は、お茶やお酒、
ジュースなども炭酸にすることができる、
炭酸飲料メーカーのドリンクメイトです。

水出ししたお茶を炭酸にすることで、
揚げ物を食べた後のすっきり感が増します。
ハーブをブレンドしない水出し茶でも、
ある程度後味をすっきりとさせてはくれますが、
お料理の味わいをさらに高めるまではいきません。

お料理によってお酒を選ぶように、
お茶も選ぶ(ブレンドする)ことができると
お酒を飲めない人も、もっと食事を
楽しめるようになるはす。

今回のブレンド茶は、
麻婆豆腐などとも相性の良いブレンドなので、
刺激のある中華料理と一緒におすすめです。

八角を使った料理に合うグルメ緑茶

豚の耳の冷菜

静岡街中にある私の大好きな中華料理のお店、
OVER LOOKS BIWAさん。

中華と言っても、さっぱりとした味わいの
ヌーベルシノワ(新しい中華料理)で、
店内は中華のイメージとはかけ離れた、
オープンキッチンのおしゃれな空間。
毎晩、若いお客さんで賑わうお店です。

こちらのお料理が好き過ぎて、
ビワさんのお料理に合いそうなお茶を
イメージして、独断でブレンド緑茶に
挑戦してみます!

第一弾は、豚の耳の冷菜。

ほんのりとした八角の風味と、
セロリと白ネギが織りなす
爽やかさが特徴の冷菜。

濃い味ではありませんが、
旨みのしっかりとあるタレが絡んでいるので、
その味わいを邪魔しないよう、ベースのお茶は
旨味や味わいの控えめな番茶を選びました。

爽やかな風味をやさしく後押しする
レモングラスとオレンジピールを加え、
全体の味わいに落ち着きを与えてくれる
クローブを隠し味に入れます。

クローブは八角と相性が良いため、
八角の香りが特徴的な中華料理(トンポーロー等)
におすすめのお茶です。

なんちゃってエッグベネディクト

朝食にぴったり!ご家庭で簡単にできる
とろ~りエッグベネディクトです。

オランデーズソースの変わりに
マヨネーズとケチャップを混ぜたソースがポイント。

バターもレモンも使いませんが
マヨネーズの酸味とケチャップの甘旨味が
半熟卵とマフィンによく合います。

混ぜるだけ!バーニャカウダ風ソース

バーニャカウダ,煮こごりジュレ

お野菜をたくさん食べるのは大変…
子供があまり野菜を食べてくれない…
いつものドレッシングに飽きちゃった…

そんな方、ぜひお試しください。

甘口でお子様も食べやすい、
煮こごりジュレを使った
バーニャカウダ風ソースのレシピです。

バーニャカウダをおいしくするグルメ緑茶

バーニャカウダ

お酒を飲めない人でも洋食を楽しめる!
バーニャカウダに合わせた
グルメ緑茶(水出し茶)のレシピです。

ローズマリーとジンジャーは、
ハーブティー用のものを使用しました。

ハーブがアンチョビの生臭みを抑えてくれるので、
アクアパッツァ等、白身魚や青魚料理の時にも
おすすめのブレンドレシピです。

参考:煮こごりジュレを使用した、
混ぜるだけ!バーニャカウダ風ソースレシピ

鹿肉ローストに合うグルメ緑茶

グルメ緑茶,ジビエ

お酒を飲めない人でも洋食を楽しめる!
今回は鹿肉のロースト(ローストベニソン)に
合わせたグルメ緑茶のレシピです。

鮮やかな鹿肉の色に合わせて、
見た目もロゼワイン風にピンク色にしてみました。

お肉やソースのしっかりした味わいを、
ほのかな酸味で爽やかに切り替えてくれるお茶です。

 

爽やかよもぎのおいしい健康緑茶

鉄分や食物繊維を豊富に含み、
婦人科系の不調に良いとされるよもぎを使った、
美味しく飲みやすいブレンド緑茶です。

このよもぎ茶に関する詳しい記事はこちら

お豆腐で簡単!りんごのおやつピザ

お豆腐を生地に使うことで
誰でも簡単に作れる、動物性食品を使わない
ビーガンのりんごのおやつピザです。

お豆腐は水切りをせず、水分を生地に活かします。

今回は千田果樹園さんのりんご ふじを使いました。
甘味が濃くみずみずしいりんごなので、
味付けもシンプルに。

カレーによく合う!グルメ緑茶

グルメ緑茶,カレー

カレーをもっと美味しく食べられるよう、
カレーの味わいに合わせてお茶をブレンドしました。

カモミールの甘い香りがスパイシーさを和らげるので、
甘口カレーの場合はカモミール少なめが良いかもしれません。
すっきり感がお好みならミント増し増しで♪

脳元気! シャキシャキカレースープ

寒くなってくると温かいスープが恋しくなります。
そこで、体が温まり脳も元気になるスープ!

脳を活性化するDHAが含まれるイワシや
タンパク質豊富な大豆を使っているので
受験生のお夜食にもぴったり。

歯ごたえを楽しんでもぐもぐ噛みましょう。
これに主菜のおむすびと一緒にいただくと
バランス良くいただけます。